FAQ(よくある質問集)

機能・設定について

「エアスケジュール for サイボウズ Office」 とはどこが違うのですか?
「携帯スケジュールシンク for サイボウズ」 は携帯電話搭載のスケジュール機能に書き込むWindowsアプリです。
一方、「エアスケジュール for サイボウズ Office」 はiモード経由のインターネットで直接サイボウズ Officeにアクセスできる、スケジュール管理 iアプリです。
詳しくはこちらをご確認ください。
サイボウズ株式会社から発売されている サイボウズ ケータイ はどこが違うのですか?
携帯スケジュールシンク for サイボウズは 同期操作によって携帯電話のスケジュール機能に「サイボウズ Office」のスケジュールデータを書き込みます。 そのため、スケジュールを確認するときに、「サイボウズ Office」のサーバへアクセスする必要がなく、通信費がかかりません。 携帯電話のスケジュール機能を使っていますので、アラームの設定が可能であったり、スケジュール確認の操作が簡単であるといったメリットがあります。 また、個人のPCにインストールして使えますので、お手軽に導入できます。
一方、サイボウズ ケータイ は、直接 「サイボウズ Office」のデータにアクセスします。 そのため、スケジュール以外の機能も含めて 「サイボウズ Office」にあるデータにリアルタイムにアクセスできます。
提供している機能が異なりますので、お客様の用途に応じてそれぞれを導入下さい。
「サイボウズ Office」の入力URLがわかりません。
「サイボウズ Office」のログイン画面のアドレス(URL)をそのまま入力して下さい。 またはグループ内の 「サイボウズ Office」を管理しているシステム管理者にご確認下さい。
「サイボウズ Office」でグループ分けをして利用しているのですが、スケジュールシンクの設定画面で入力するURLはグループ切替後のURLですか?
スケジュールシンクの設定画面では、グループ切替え後のURLではなく、切替える前のログイン画面のアドレス(URL)をそのまま入力して下さい。
サポートされている携帯電話を使用していて、同期実行時に「携帯電話接続エラーです。接続中の携帯電話はサポートされていません。」とエラーが出ます。
設定ダイアログの「携帯電話の設定」タグの「携帯電話機種」欄で、お使いの携帯電話を選択して下さい。
USBクリスタルケーブルを使用していて、同期実行時に「携帯電話接続エラーです。携帯電話からの応答がありません。」とエラーが出ます。
携帯電話とケーブルが確実に接続されているかを確認下さい。
接続に問題が無い場合にも上記エラーが度々発生する場合には、設定ダイアログの「携帯電話の設定」タグの「通信速度」欄で、2400を選択して下さい。
特にauの携帯電話機で、携帯電話と正しく接続して設定も正しいのに「携帯電話からの応答がありません。」とエラーが出るのですが?
携帯電話を待受け画面に戻してから、再度実行してください。
サイボウズのスケジュールが正しく携帯電話に書込まれないのですが?
携帯電話のスケジュール機能によって制限があり、携帯電話機にない機能についてはその属性が失われます。
詳細は携帯電話機のマニュアルを参照して下さい。
主な制限事項は、こちらから確認いただけます。
携帯スケジュールシンクで携帯電話から「サイボウズ Office」に書き込んだスケジュールデータが、「サイボウズ Office」で変更や削除ができなくなる。
携帯電話で登録されているスケジュールに絵文字などのパソコンで認識できない文字がある場合に、そのデータを「サイボウズ Office」に登録するとこのような現象になる可能性があります。

このような場合は、まず、携帯電話で該当のデータを一旦削除してから同期を実行して下さい。 これで「サイボウズ Office」からも該当のデータが削除されます。 次に、再度携帯電話(もしくは「サイボウズ Office」)に同じデータを登録して、同期を実行して下さい。 この時に、(特に各項目の末尾に)絵文字等を使用しないようにして下さい。

「プロキシの設定」って何ですか?行う必要はありますか?
「プロキシを利用しない」を選択して接続ができない場合には設定が必要です。
設定する内容はお客様のネットワーク環境によりますので、お近くのシステム管理者に確認して下さい。
なお、「コントロールパネルのインターネット オプションの設定」で、自動構成には対応しておりませんのでご注意下さい。
サイボウズ Office 7-8 対応版では、「コントロールパネルのインターネット オプションの設定」に従います。
「WWWのサーバーの基本認証」って何ですか?
限定された人のみに公開されているウェブページでは、アクセスするためにユーザ名とパスワードが必要となる場合があります。 Internet Explorer や Netscape などで、ダイアログが表示されてユーザ名とパスワードの入力が求められる場合です。 この仕組みで使われている認証を基本認証といいます。
「サイボウズ Office」のトップページが、このように限定された人へのみ公開する仕組が使われている場合には、「WWWサーバの基本認証」の設定で「認証する」にチェックを付けて、ユーザ名とパスワードを設定して下さい。詳しくはお近くのシステム管理者に確認して下さい。
サイボウズ Office 6 版で、正しいパスワードを入力しているにも関らず、繰返しパスワードの入力が求められるのですが?
「サイボウズ Office」がインストールされているサーバやネットワークの負荷が高い場合、ログインに失敗するケースがあり、その場合に繰返しパスワードの入力が求められます。
しばらく待ってから再度実行してください。
試用版で制限されている機能は何ですか?
設定ダイアログで設定した内容が保存されません。

設定した内容は、アプリケーションの実行中は有効ですが、一度アプリケーションを終了すると破棄されます。
その為、アプリケーションを起動する度に設定が必要となリます。

NTTドコモ Pシリーズで利用しているのですが、読み込みあるいは書き込み時に「正しい応答を受信できませんでした」のエラーで失敗してしまいます。
NTTドコモのPシリーズでクリスタルケーブルを使っている場合、充電中にスケジュールの読み書きをすると失敗することがあります。スケジュールの読み書きを実行する際には一旦充電を停止して下さい。
サイボウズとの通信時に「サイボウズOfficeのエラーが発生しました。認証パラメータの[created]が不正です。(11208)」のエラーで失敗してしまいます。
サイボウズがインストールされてるサーバと、ご利用されているPCの時刻設定が10分以上ずれている場合に発生します。時刻設定を確認後、再度実行してください。

ご質問,商品のお問合せは こちらへ
ssync@reudo.co.jp

このページのトップへ